長春毛精の口コミや評判を信じるな!半年使った効果を暴露します

日々の何気ない生活にも抜け毛や薄毛の原因が潜んでいる?

公害から逃がれることは不可能? 

 

食品汚染がさけばれて久しい。海の汚染で多量に死んで浮かぶ魚、奇形の魚。その魚を口に運んで死んだ水鳥。あるいは、消毒液のたっぷり含まれた果物を食べたために奇形や流産が増えたという猿……。 

 

大気汚染や。○○公害”という言柴も耳なれたものとなった。ゼンソクで命を失った人も一人や二人ではない。光化学スモッグ警報などという戦時中の空襲警報を思わせるものまで出現した。

 

 騒音公害などというものもある。新幹線の線路ほど近くにある学校の生徒は授業に集中する力がなくなり、養鶏場のニワトリはタマゴを産むのを忘れ、牧場の牛は乳を出さなくなった。

 

有吉佐和子さんのベストセラー「複合汚染」(新潮社刊)に、次にあげるようなI節がでてくる。 「複合汚染というのは学術フレーズである。二種類以上の有害性物質によって汚染されることをいい、二種類以上の物質の相加作用および相乗作用が起ることを前提として使われる。 

 

分りやすく言えば、排気ガスで汚染されたご飯と、多分農薬を使っているが、どんな農薬を使ってあるんだまるで分らない輸入の小麦と大豆で作った味噌に、防腐剤を入れ、調味料を入れて味噌汁を作り、着色料の入った佃煮を食べ……」 まさしく世の中、公害が入り乱れているのである。 

 

それら、いわゆる公害と呼ばれるものの被害に髪もまた巻き込まれることはいうまでもない。専門家のほとんどは、囗をそろえて、(ゲは増えているといい、「今のまま現在の傾向(公害)が続いたら少くとも一世紀のうちに人類のすべてが「ゲるだろう」という人もいるほどだ。 
しかも、髪に対する公寓は、食品公害や大気汚染といった大きな問題のほかに、生活に密着した公害によることのほうが大きいだけにめんどくさいだ。 例えば、朝のセットに何かと調法なドライヤー。

 

軽くて、しかも汚れが落ちやすいと、多数の家族にあるナイロンブラシ。いずれも、ほんの少し使いかたをあやまると、恐ろしい脱毛や切れ毛の元となっているものばかりだ。 

 

ただ、幸いなことには、それら生活に密着した毛髪公害は、本人の自覚でかなりの範囲にわたって防げることである。その白覚のめやすとして、こちらでは毛髪公害と対策について記してみた。
長春毛精