長春毛精の口コミや評判を信じるな!半年使った効果を暴露します

薄毛防止には髪を毎日洗った方がいい?たまにでいい?

周期的に頭を洗う習慣をつける 薄毛防止には髪をできるなら洗浄しないこと、などと本気で思い込んでいる人がいる。従って洗髪恐怖症になっている人さえいる。 

 

そう思っている人たちの話を聞いてみると洗髪したあと、タイルのうえなどにごっそりと残る抜け毛に原囚が見られるらしい。その抜け毛を見たとたん「髪を洗髪したから、こんなに抜けてしまった」と信じ込んでしまうらしいのだ。

 

イメージしたなら、これほどナンセンスなことはない。 毛髪も頭皮も体の一部なのだから、清潔であるにこしたことはないはずだ。特に頭皮は汗や皮脂が分泌なされているから、そこに細かいゴミがつきやすいし、頭皮の老廃物であるフケもたまる。

 

これをそのままに放っておいたら、毛穴はふさがれてしまうし、抜けかわる新しい毛の発育をじやまする結果になることをよく知る必要がある。

 

 ただ、前にもいったみたいに、この洗髪は、しすぎると問題がある。なにごとに毎にも限度というものがあるのだ。 洗髪の回数は普通の髪なら週一川、脂じみた髪なら週二回(女性は五〜七日に一同)ことこそが目やすになる。 その件にできたら、洗髪の前後の手人れがはいれば、いっそう効果的である。

 

 まず髪を洗う前に、軽くブラッシングをする。毛にからまっているホコリやフケというものを浮きたたせて、洗いおとしやすくしてしまうんだ。 
洗髪後はクリームリンスを毛全体にすりこみ、ざっと水洗いして流す。クリームリンスは、寒い季節に水仕事をしたら、あとでクリームをすりこんで肌あれを防ぐようなもののように、洗髪より失われた毛髪の油性成分を補充するのである。

 

そしてラストに髪がかわいたらトニックをつけて仕上げる。 よく若い子のあいだには、このトニックやへJアーリキッドを擦り込むのを「べとつくからいやだ」などといってボサボサ頭でいたがる者がいるか、これは文字どおり若気のいたり。 人が外をあるくとき衣服をまとうみたいに、髪もまたトニックなどによって髪の毛それぞれの摩擦や外気の中にあるチリなどとの摩擦を防ぎ、身を守ることができるのである。 ちなみに洗剤の選び方だが、大別すると次のようになる。

 

 @ 健康な髪には液体シャンプーA あぶら性の髪には洗う力の強いシャンプー B 乾性の髪、痛んだ髪には乳状油性シャンプー。トリートメント剤をシャンプー別にぬり込むことも必要 その見わけがよくわからなければ、洗いあがりがしっとりと粘性の感じが残っているものを選ぶこと。 

 

健やかで美しい毛髪づくりは、まっとうな洗髪にはじまり正しい洗髪におわるつまり、いつも清潔さを保つことが肝心のである。