長春毛精の口コミや評判を信じるな!半年使った効果を暴露します

頭皮マッサージの重要性

頭部の肌をマッサージしよう 肩や手足が凝ったとき、なにげなく凝った場所をたたいたり、もみほぐしたりする。 ふだん我々がさらっとやっていることである。それは、だれに教わったわけでもない。医学的理由はわからなくてもそうすることによって凝りからくる沈んだ感じが、かなり取りのぞかれることを、いつの問にか、身をもって知っているのである。 

 

このマッサージの効果は、ひとくちで言ってしまうと、血管を刺激して血の巡りをよくすることにある。 人体には全部の部分に、毛細血管と呼ばれる文字どおり毛のように細い血管が走っていて、その血管の運ぶ栄養素が、故障すれば当たり前、血行が悪くなり栄養補充がままならなくなる。

 

あげくに、肩凝りなどといった症状になってあらわれてくるといったコースをたどるわけだ。 毛髪であっても、まったくおなじことがいえる。毛の生産工場である毛乳頭へ、栄養分を供給する毛細血管が故障すれば、当然、髪の栄養補給がままならなくなって、髪はトラブルをおこし、あげくのはてに(ゲてしまう。 

 

ということは、逆に常にマッサージしていれば、(ゲをかなり予防できるということに繋がる。 もみかた、たたきかたなどには特にこれといった決められた法はない。

 

やりやすい方法で、毎口続けられるものならそれでよい。 ただ、場所においては、東洋医学伝統のツボがあるので、そこにポイントをおけば、いっそう効果もあがる。 

 

まず後頭部の首すじにある「天柱」。頭部に求められる重要な場所だ。ここをもむと、首の動脈の血行を高め、頭皮の皮下組織にある毛細血管の血行がよくなる。 しかもこのツボには疲労感をとりのぞき、肩の凝りをとる効き目もあるので、「ストレスで「ゲる」といわれるそのストレス解消にも役立つ。

 

まさに一挙両得のポイントなのである。 「前頂」「百会」「通天」といったツボは頭頂部にあつまっている。ここは手のひらでもむようにしたり、軽く指先でたたいたり、余すところなくマッサージする。直接、頭皮下の毛細血管を刺激するのだ。 

 

あとは、(ゲやすい場所、たとえば前額部の毛の生えぎわのあたりであるとか、頭の上端部にポイントをおいたマッサージも効果的だ。 マッサージのポイントは、頭骸骨と頭皮間にできるだけ多くのスキ問をつくり、頭皮下の血流を活性化させるために、頭皮を手のひらでつつみ、つかみあげるようにもみほぐすのがコツである。 

 

もちろん頭部全体に、まんべんなくマッサージすればさらにお薦めできる。 道具もいらないし、いつどこででも容易くできるマッサージ。専門家のほとんどがその効果を認めていることでもあるし、ぜひ、毎口の口課としたいもの。たとえ一口十分でも、かなりの効果が認められるはずである。 

 

ただ、このときツメには細心の意識を向けたい。伸びていて頭皮に傷をつけ、そこから雑菌でもはいるようなことがあったら、逆に髪をいためることになるからだ。